電話会社の正規店は多種多様な修理が可能

電話会社の正規店においては、スマホユーザーを対象に多種多様な修理の受付が行われています。特に、水没復旧やデータ復旧などの難易度の高い作業は、非正規の修理店では対応できないケースもあるため、早めに正規店に相談をすることがおすすめです。また、修理のメニューによって費用が異なるため、身近なところにある修理店の主なメニューの修理代金について早めに調べておきましょう。最近では、スマホの購入契約を結ぶ際に保証プランに加入することで、大半の修理をリーズナブルな価格で依頼できるようにしている電話会社もあります。そのため、将来的にスマホの修理費用を安く抑えたい場合には、正規店のスタッフと話し合って、保証プランの内容を詳しく確認することが大事です。

非正規店の修理は格安価格で依頼できることもある

スマホ修理に対応している非正規店では、純正部品の交換ができなかったり、アフターサポートが受けられなかったりすることがありますが、正規店と比べて安い料金で修理を依頼できることがあります。例えば、画面のひび割れ補修やバッテリー交換などそれほど難しくない修理であれば、機種によるものの数千円程度で対応をしてもらうことも可能です。ただし、新しい機種については、他の機種と比べて修理代金が高額になったり、納期が長くなったりする非正規店も多くあります。そのため、日ごろから各地の実績のある非正規店のホームページやSNSなどを通じて、対応可能な修理の種類と料金表をこまめにチェックしておきましょう。

スマホの電池は内蔵タイプがほとんどですが、ユーザーが交換作業をするのは故障の原因になります。すぐに直してもらいたい場合は、スマホ修理業者に持って行くようにしましょう。